お問い合わせ
1 分で読むことができます

OpenRefineによるRDFの作成方法【インストール編】

執筆者 Sakurai 更新日時 2020年11月11日

OpenRefineによるRDFの作成方法について解説します。今回はインストール編です。

目次

 

1. OpenRefineのインストール

1.OpenRefineをダウンロード

こちらからOpenRefine 3.4.1のWindows版をダウンロード。

今回はJavaをインストールしていない環境のため"Windows kit with embedded Java"を選択します。

※Javaがインストールされていれば"Windows kit"でOKです。

 

2. ダウンロードしたzipを任意のフォルダへ解凍

3. 解凍したフォルダの"openrefine"を実行

4. 起動確認

OpenRefineがブラウザで起動すれば完了です。

 

 

2. RDFエクステンションのインストール

1 . RDFエクステンションのダウンロード

こちらからRDFエクステンションの最新版をダウンロードします。

2. ダウンロードしたzipを任意の場所へ解凍

3. 解凍した中身を"C:\Users\XXXX\AppData\Roaming\OpenRefine\extensions"配下へ配置

XXXXの部分はPCのユーザ名が入ります。extensionsフォルダが存在しない場合は作成して配置します。

4. OpenRefineの再起動

OpenRefineが実行されている状態であれば一度閉じてから再度実行します。

5. 起動確認

Openrefineを起動し、任意のファイルを選択します。

Nextをクリックします。

インポートしたデータの確認画面が表示されるのでCreate Projectをクリックして次に進みます。

画面右上のExtensionsに"RDF"が表示されればRDFエクステンションのインストールは完了です。

 

Sakurai

執筆者 Sakurai

INSIGHT LAB入社後、多くのデータ分析基盤案件をこなし、INSIGHT LAB ISRAELへ出向、現在は新潟研究開発センターにて技術部門を担当。趣味はロードバイク、トライアスロン2回完走。

 

こちらの記事もおすすめです

2 分で読むことができます。

物体検出の開発経過 その1

2 分で読むことができます。

☆祝☆ 新潟研究開発センター開設!

2 分で読むことができます。

物体検出の開発経過 その2