お問い合わせ
1 分で読むことができます

IMI 情報共有基盤って何?

執筆者 Tofu 更新日時 2021年6月28日

IMI 情報共有基盤とは?

近年では、オープンデータという言葉が頻繁に登場するようになり、国や自治体で保有している膨大なデータが公開されるようになりました。

ですが、その提供されるデータは各省庁や各地方自治体でデータの形式が統一されておらず、扱いづらい状況です。

これらのまとまりのないデータ群を標準化し、データを使いたい人が使いやすい形にするためのアプローチ方法として、共通語彙基盤があります。

共通語彙基盤は、語彙とその語彙を説明するデータ構造をまとめた規格です。
 
一例として、新潟県庁というデータを共通語彙基盤を使って表記してみます。

例)新潟県庁
施設型>名称>表記 → 新潟県庁
施設型>住所>表記 → 新潟県新潟市中央区新光町4-1

上記のような形で、データ項目が何を示しているかを明確に明示することが、共通語彙基盤の意義のひとつといえますね。

共通語彙基盤を利用するメリット

  • 相互運用性の向上
    共通語彙基盤の活用が広まることにより、分野や地域を超えて広範囲にデータを連携し、利活用することができます。
  • データ統合が可能
    分散していた関連データを統合することが可能です。LOD(Linked Open Data)として公開・共有することで多くの企業やユーザーが利用することができます。
例)子育てデータの統合
医療機関データ・保育施設データ・イベントデータを統合し集約することができます。
 

データ統合

今回は、共通語彙基盤についての簡単な説明と利用するメリットについてまとめました。

次回は、共通語彙基盤の利用方法についてまとめたいと考えています。ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

Tofu

執筆者 Tofu

新潟県新潟市生まれ。大学在籍時には一度上京したが、就職 を機に新潟県にUターンにて地元で働く。前職では、Web関連企業に 従事していたが、先端IT事業に憧れを抱き新潟研究開発セン ター立ち上げ当初のINSIGHT LABと出会う。 現在、データ基盤構築業務に携わり、業務に従事しながら知識 も習得中。 趣味は、ジョギング・ガジェット情報収集。

 

こちらの記事もおすすめです

2 分で読むことができます。

物体検出の開発経過 その1

2 分で読むことができます。

物体検出の開発経過 その2

2 分で読むことができます。

☆祝☆ 新潟研究開発センター開設!