お問い合わせ
1 分で読むことができます

コミュニケーション

執筆者 rice 更新日時 2021年9月28日

Topics: オフィス

こんにちは、riceです。

 これから深まる秋、みなさんが楽しみにしていることはなんですか?

わたしは何といっても柿です!果物で柿が一番好きなので早く食べたい欲求が凄いです!

 

柿とは全く話は違いますが、今回は「社内のコミュニケーション方法」をお話ししたいと思います。

 

 

テレワーク

 

日本では「まず出社することが当たり前」という文化?があり、一部の企業でしか取り入れられていないイメージでしたが、コロナ禍で一気に進みましたね。

 ただ何にも良い点悪い点があり、テレワークも例外ではないです。

 良い点

 ・出社のための通勤時間が必要ない

 ・自宅や自分の好きなスペースで仕事ができる

 ・人との接触を少なくできる(コロナ禍においてはこちらが一番でしょうか…)

 

悪い点

 ・社員同士のコミュニケーションが取りづらい

 ・オン・オフが切り替えづらい

 

この他にも実際にテレワークされている方はどちらの面でももっと感じることがあるはずですがこのくらいで…(知人は運動不足にもなると言っていました)

 

悪い点で挙げた「コミュニケーションが取りづらい」というのが働いている個人にとっても、企業にとっても一番問題なのではと感じます。

こちらを解決できるツールがあったら良いですよね?

 

 

バーチャル空間oVice

 

oVice(オヴィス)はバーチャルオフィスです。

コロナ禍でテレワークが進む中、社員同士のコミュニケーションがとれるよう開発されたようです。(https://ovice.in/ja/

まさに!悪い点で挙げたものを改善するのにピッタリな雰囲気です。

 

そしてインサイトラボでも体験利用を経て、6月から継続利用しています。

 

oViceに入ってみて

 

ログインすると二次元空間にオフィスがあります。デスクチェアがあってそのデスクの上にはPCが置いてあったり、会議室があったり、観葉植物があったり…

 ovice画面

(こちらの写真は、たまたまわたししか入っていない瞬間にスクリーンショットしました。実は写っていない右側には会議室があって…会議中でした。)

 

自分のアバターを話しかけたい人のアバターの近くへ持っていき話しかけると会話できるんです。

実際のオフィスで席が近い人と会話するような感覚でしょうか。面白いですよね!

 

つい最近、たまたま在宅勤務日だったAjihさんに教えてもらいたいことがあったのでoViceに入り、画面共有しながら会話しました。そう!画面共有もできるのです。

この流れがサクッとできるんです!

 

わたしが勤務している新潟オフィスは基本出社ですが、東京の本社や他の拠点は、最初の緊急事態宣言が発令された時から現在までテレワークが継続されています。

 

勤務時間中ただ黙々と仕事をこなすってなかなかしんどくありませんか?

 

「おはようございます」とオフィスに入り、いつものメンバーがいて、誰かが会話していて、ほんの些細な雑談でリフレッシュできたりして。

この「当たり前」が当たり前ではなくなってしまった今、こういうコミュニケーションツールはとても大切だなと感じます。

 

 

・・・ここまでoViceのことをご紹介しておいてなんですが、実は普段積極的に利用できていません…

(さきほどのAjihさんとの会話が2、3回目くらい…)

 

勤務している新潟オフィスは基本出社ということが大きい理由です。

(あと、すごく小心者、というのもあるかもです…本社の全く知らない方から突然話しかけられたらどうしよう…とか笑)

こちらの記事を書くにあたり入ってみたのですが、特に誰からも話しかけられませんでした笑

 

新潟だけでなく、本社の方とのコミュニケーションのためにもこれからは積極的に入ってみることにします!

rice

執筆者 rice

新潟県新潟市生まれ、蕎麦屋の娘として生まれ育ち、和菓子屋、不動産屋を経験し、INSIGHT LABの新潟ビジョンに共感し、2021年に入社。慣れないIT企業で四苦八苦。2児の母。

 

こちらの記事もおすすめです

2 分で読むことができます。

物体検出の開発経過 その2

2 分で読むことができます。

物体検出の開発経過 その1

1 分で読むことができます。

OpenRefineによるRDFの作成方法【インストール編】