お問い合わせ
1 分で読むことができます

インサイトラボを知る_2

執筆者 rice 更新日時 2021年12月22日

Topics: DX

こんにちは、riceです。

師走…今年も終わりますね。皆さんはどんな一年でしたか?

 

 前回から「インサイトラボを知る」をテーマにし、データソリューションプラットフォームTERASUの中の「KakeDashiDX推進)」についてご紹介しています。(前回リンク

 

今回ももう少しKakeDashiにお付き合いいただきたいと思います。

 

 「カケダシ」という名の通り、デジタルトランスフォーメーション(DX)への足掛かりです。業務上の様々な場面でのコミュニケーション課題をITの利活用によってDXを実現する支援サービスです。

 

ここでまた営業資料をご紹介します。

 

kakedashi_SaaS-1 

 

 こちらに記載の「SaaS」という言葉も今年…覚えました。皆さんご存じかと思いますが、復習して良いでしょうか。

 Software as a Service」の略で、「サーズ」や「サース」と読み、インターネット上で使えるサービスのこと

 

営業資料を見ると「slack」「Zoom」「kintone」が入っています。

そうか~…これもSaaSサービスのなかのツールで、アナログなわたしもすでに使っていたんだ~としみじみしてしまいました。

 

 ブログを書き始めの頃、Zoomミーティングへの入り方すら知らなかったことや、kintone(キントーン)は悟空が乗るものという認識しかなかったこと、slackなんて一体どこの言葉?という私をご紹介していました。

 

今は一応使えている気ではいますけれど、こんな機能あったんだ!とか、そもそもこの時はどうすれば?などももちろんあり、そのたびに教えてもらっています。

 

そんな私の使用感でも、業務の効率化と社内コミュニケーション、そのどちらもこれらのツールを使うことでアップしていることは分かります!

  

DX推進においてスモールスタート(まずは限定的に始め、需要などに応じて徐々に拡大していくこと)が大事だと聞いたことがありますが、KakeDashiはまさにそれを取り入れやすいサービスだなと感じました。

 

ここでっ!できたてホヤホヤ動画もぜひご覧ください!

   DX化をご支援!KakeDashiサービス紹介

 

以上、ITの利活用によってDXを実現する支援サービス、KakeDashiをご紹介させていただきました。

そしてこちらがrice今年最後のブログになります!

皆さん一年間お付き合いいただきありがとうございました!

 

どうぞよいお年をお迎えくださいませ…⭐

rice

執筆者 rice

新潟県新潟市生まれ、蕎麦屋の娘として生まれ育ち、和菓子屋、不動産屋を経験し、INSIGHT LABの新潟ビジョンに共感し、2021年に入社。慣れないIT企業で四苦八苦。2児の母。

 

こちらの記事もおすすめです

2 分で読むことができます。

物体検出の開発経過 その2

2 分で読むことができます。

物体検出の開発経過 その1

1 分で読むことができます。

OpenRefineによるRDFの作成方法【インストール編】