お問い合わせ
2 分で読むことができます

【SPARQL】基本集計関数

執筆者 Sakurai 更新日時 2020年8月31日

DBpedia×SPARQL

Linked Dataの基盤技術となるRDFへ問い合わせを行う言語、SPARQLには様々な関数が用意されています。今回は基本となる集計関数をご紹介いたします。

目次

COUNT

集約グループごとに変数に含まれる値の数をカウント。

例.日本語版DBpediaでビートたけしが監督した映画の数をカウントする。

select (count(?film) as ?count)
where {
?film dbpedia-owl:director dbpedia-ja:ビートたけし .
}

実行結果

 

SUM

集約グループごとに変数の値を合計する関数。

例. 日本語版DBpediaでビートたけしが監督した映画の上映時間を合計する。

select (sum(?screen_time) as ?sum)
where {
?film dbpedia-owl:director dbpedia-ja:ビートたけし ;
prop-ja:上映時間 ?screen_time .
}

実行結果

 

MIN・MAX

集約グループごとに変数の最小値、最大値をそれぞれ返す関数。

例. 日本語版DBpediaでビートたけしが監督した映画の上映時間が最小のものと最大のものを取得する。

<最小値>

select (min(?screen_time) as ?min)
where {
?film dbpedia-owl:director dbpedia-ja:ビートたけし ;
prop-ja:上映時間 ?screen_time .
}

実行結果

<最大値>

select (max(?screen_time) as ?max)
where {
?film dbpedia-owl:director dbpedia-ja:ビートたけし ;
prop-ja:上映時間 ?screen_time .
}

実行結果

 

AVG

集約グループごとに変数の最小値、最大値をそれぞれ返す関数。

例. 日本語版DBpediaでビートたけしが監督した映画の上映時間の平均値を取得する。

select (avg(?screen_time) as ?avg)
where {
?film dbpedia-owl:director dbpedia-ja:ビートたけし ;
prop-ja:上映時間 ?screen_time .
}

実行結果

 

Sakurai

執筆者 Sakurai

INSIGHT LAB入社後、多くのデータ分析基盤案件をこなし、INSIGHT LAB ISRAELへ出向、現在は新潟研究開発センターにて技術部門を担当。趣味はロードバイク、トライアスロン2回完走。

 

こちらの記事もおすすめです

2 分で読むことができます。

物体検出の開発経過 その1

2 分で読むことができます。

☆祝☆ 新潟研究開発センター開設!

2 分で読むことができます。

物体検出の開発経過 その2